火曜秋葉原駒ゲー定例会061114

休日

駒ゲー定例会の日なので秋葉原へ。
前買った人狼のカードがなんだかいつもやってるのと別物っぽかったので、今日もう一度探してみたらあっさり見つけ。
その名もLupus in Tabula(タブラ村の人狼)
基本的にFF内でやってる人狼はこれが元の模様。

しかし、いくつか異なる点はある。
まず、1日目が夜から始まる。
また、一回目の投票で一番多い票を得た人間が複数いる場合、候補者を除いて決選投票が行われ、それでも決まらないならランダム。
あと、票が過半数集まらなくても処刑される。
ルールについては以上の3点が異なる点と思われる。

また、役職の名前が異なるものがある。
狂人はPossessed(取り憑かれた者)、共有者はFreemason(秘密結社員)、妖狐はWerehamster(ねずみ男)だったりする。
っていうか、ねずみ男かよ!

今日はNさんとWarmachine 500ptで対戦。
おいらはペイントが終了したイルスクでユニークジャック・ベヒモスをあやつり、残りのポイントを歩兵で補い。
Nさんはブリスベインにトレンチャーといつもの編成に、今回は新造のヘビージャック・センチュリオンを加え、さらにライトジャック・ランサーを従えと、ちょっと白兵にも力を傾けてバランス型になった感じ。

じわじわ包囲するように近づくこちらに対し、Nさん側は煙幕に隠れつつチャネルスペルやガンメイジの攻撃でこちらの兵力を削っていく。
そこでこちらはイルスクのエアバースト。
メインターゲットのランサーには傷一つつけられなかったものの、ちょうどその周辺にいたゴーマンを撃破。
さらにウィドウメーカーでガンメイジを狙撃。
センチュリオンをグレイロードの魔法で凍らせつつ、ランサーをベヒモスで撃破。
一気に包囲を縮めてブリスベインに肉薄。
ここでNさんは起死回生のフィートを使用し、残る少ない戦力を全て近づきすぎたイルスクに対して慣行。
ブリスベインの射撃はイルスクに命中し、のこりHP2点まで削るも、イルスクにアイアンフレッシュの魔法をかけて回避力を上昇させていたおかげでその2ダメージが削れず、続くターンでマノウォーのチャージを受けてブリスベイン撃沈。
おいらの勝利となったのでした。

夕食をガストで取って帰宅
by reias | 2006-11-14 23:59 | 駒ゲ定例会関連(MK等)
<< FF11:デュナミスクフィム2回目 FF11:眠る前にすること >>