メイジナイトダンジョンズ 「塔」形式大会

休日。
久々のダンジョンズ大会に参加。



ヒーロー駒とか捜索に時間がかかり、みんな遅刻気味。

参加者はおいら、ERAさん、N巻さん、ドクロのYさん、トロ君、トロ君の友人、宇乃字さん、武者さん。
今回はダンジョンズの「富士見の塔」形式。
これは富士見がメイジナイトの正規輸入元として頑張っていたときに、JGCでやったオリジナル形式のダンジョンズを真似したもの。
通常のダンジョンズと異なり、プレイヤーVSプレイヤーというよりはダンジョンをプレイヤー間で協力しつつ攻略していく感じのゲーム。
詳しくは一番下にルールを貼り付けたので、それを参照。
準備が大変ですが、面白いので、ダンジョンズをやれる人はぜひやってみてください。

ダイスで4人ずつに別れて試合開始。
こちらの卓はERAさん、宇乃字さん、武者さん。
邪悪だなんだとお互いに言い合うものの、実はギスギスせずにまったり嗜好で遊べそうな卓になった。
というか「塔」形式ダンジョンズで裏切りそうなのはPすけとトロ君くらいだがナ!
ああ、あと闇鎧さんあたりは美味しいところだけかっさらいそうだ!

それぞれヒーローの編成は並び順に
1.おいら:Elaveth the Pure、Shamrin、Hazna
2.宇乃字さん:Carlana、Khoura、Lyra Fairhame
3.ERAさん:Dark、Shaman Ogg、Fregg
4.武者さん:Warrior Huhn、Patch Work、Rurik the Bressed

基本的にみんな前衛+スカウト+ヒーラーというバランスの取れた編成な模様。

一回戦はおいらがダンジョンマスター。
中央付近から初めて、モンスターがぞろぞろ真ん中に集まっていったので、真ん中の戦闘が激化。
密集した地形に前から後ろからヒーローモンスター入り乱れ。
もうすこしでERAさんのDarkを倒すところまでいったのだが、宇乃字さんのヒールでCarlanaのPole Armが復活してしまって近づけず。
おかげでDarkを倒す機会を逸する。
Carlanaってば、良い駒だなぁちくせう。
で、そのまま終わりかな~と思ってたら単独行動していた武者さんがイベント「モンスターハウス」(150点分のモンスターが出てくる)を引いてしまい、Minotrorkなどがバリバリ出現。
ダンジョンは突破されてものの、ここでヒーローを撃破して少し点稼ぎ。
ここで宇乃字さんが手に入れたマジックブラストのWandを保管。

第2試合は宇乃字さんがダンジョンマスター。
階段が入り口のすぐそばに出たのだが、宝箱は軒並み遠くにあるので、脱出するには一旦奥まで潜って宝箱を入手した後に戻ってきて階段にはいらないといけないという状況に。
入り口近くにDoudge付きの猿を配置されて対応に苦慮。
釣り天井は落ちるわわき道から進もうとしたら暗闇で進めないわ。
そうこうしているとShamrinがあっさり死亡。
流石は初期値で防御13。
脆い。
で、なんとか入り口付近の罠をかいくぐったと思ったら赤マーカーから大量のモンスター出現と同時にイベント「モンスターハウス」を引き当ててしまう。
Darkが善戦するも一歩及ばず。
しょうがないのでおいらのHaznaが近くに一つだけあった宝箱を持って脱出。
DarkがMinotrorkをなんとか撃破したものの、モンスターハウスから出てきたドラコナムとMagic Brast持ちの岩みたいな生物には手も出せず。
が、最後の1分で、Drakonumの射撃がElaveth the Pureに命中。
Demoralizedしてもうだめだーと思ったらMagic Immuneが出て、Magic Blastでは殺されずに終了。
あぶなかった。
っていうかImmune出るのなんて忘れてた。

第3試合のマスターはERAさん。
長い通路をだーっと進み、進んだと思ったらテレポーターで戻されたり、宝箱の罠を解除したと思ったらTrapで、Elaveth the Pureが4ダメくらって死亡したり。
でもなんとか宇乃字さんが脱出。
うーん…なんでかあんまり覚えてない…。

第4試合のマスターは武者さん。
Crypt WarmにDarkが特攻をかけたら反撃の攻撃力が12まで上がっていて、どかっと食らう。
しかもその次のDarkの攻撃がピンゾロで失敗して大ピンチ。
しかし宇乃字さんのヒーリングでなんとかかんとか命を永らえ。
助けに入ったFreggはWeapon Masterで6ダメージを食らって一撃で死亡したものの、そのまま態勢を立て直した宇乃字さん、ERAさんコンビでモンスターを撃破。
おいらは別行動で宝箱をあけに行くも入ってるGoldが少なくてションボリしつつ。
無事に脱出。

双方の卓をあわせて、獲得ポイントはこちらの卓が多かった模様。
ERAさんが1位、宇乃字さんが2位、おいらが3位と3位までこちらの卓が続く。
ちなみに4位はトロくんで、みんなで「やっぱりな」という雰囲気に。

イエローサブマリンさんの厚意で賞品にメイジナイトのパックをいただいたので、中身を剥いて1位から順番に一駒ずつゲット。

その後はカタンで遊んだり、BJPMの新作「GUN SHEL DOLLS」を購入したり、モスで夕飯を取ったりしてから解散。
参加されたみなさん、お疲れ様でした。
特に主催のERAさんには多大な負担をかけてしまいました。
おかげで楽しめました。
ここで改めて御礼を。
なんか、すぐにまたやりたい気分です。

メイジナイトダンジョンズ「富士見の塔」形式 ルール

1.ゲームの準備

  [参加者準備]
  参加者は自分が使用するヒーロー駒を持参する
  #使用できるヒーロー駒は最大3体、初期最大レベルは2レベルまでで合計点100点とする
  参加者を4人または3人で1つのグループ(卓)にする
  今回のダンジョンマスター(DM)役をひとり決める、のこりはプレイヤー(PL)となる
  2回目以降は別のPLのひとりがDMとなり、PLは順番にDMを担当する

  [主催者の準備]
  参加者の受付をする
  参加者各員に渡すスターター1つとブースター1つずつを用意する
  イベントマーカーセット、宝箱、モンスターを各卓分用意する
  

  [DMの準備]
  DMは利用するダンジョンマップを決める(裏表があるため)
  DMはダンジョンへの入り口を配置する
  DMはPL数+1個の宝箱を選び、初期化してマップに配置する
  DMはイベントマーカーから「階段」を必ず含む6枚を選択し、裏返しでマップに配置する
  DMはモンスターマーカー7枚(赤1・青2・黄4)をマップに配置する
   #PLの技量や使用されるヒーローフィギュアを見て適宜変更すること
    Darq等が入ってない場合には青3・黄4を推奨する
  モンスターマーカーは入り口のエリアには配置できない、また1エリアには1枚までしか配置できない
  (配置後にマーカーを移動させた結果、1エリアに2枚以上になることは可能)

  [PLの準備]
  PLは自分の所持するヒーローフィギュアで100ポイント以内のヒーローチームを編成する
   #ヒーローの初期レベルは標準ゲームでは2レベルまでである

2.ゲーム開始
  DMはゲームスタートを宣言する、ここから50分間で1ゲームが終了する
  PLは2D6を振り、大きい順に行動順番を決定する

  [通常のDungeonsとの差異]
  PL側は自分のヒーローチームのみを操作する、モンスターマーカーおよびモンスターはDMが操作する
  PLは自分の持つヒーロー1体につき1アクションを実施し、すべてのヒーローを行動させる
  PLの行動が終了したならば、DMは今のPLと同じアクション数だけモンスターマーカーやモンスター
  を行動させる
  DMの行動が終了したなら、2番目のPLの手番となる
  上記をすべてのPLの手番(とその後のDMの手番)が終了して一巡するまでが1ターンとなる
  ターン終了時に、モンスターマーカーとモンスターの行動済みマーカーを取り去る
  制限時間がきていなければ、新しいターンを開始する
  制限時間がきたならば、その時行動中のアクションを完了してゲームを終了する

  [アクション概要]
  移動系…1マス1移動力、斜めは+1移動力、味方を乗り越えるには+3移動力
      敵から離脱チェックするには2移動力
  攻撃系…白兵戦、射撃戦、ヒーリング、マジックヒーリングは4移動力
      たとえ移動力が残っていてもそれ以上アクションを続けられない
  罠解除…3移動力、ゆっくり解除(修正値+2)するなら6移動力
  宝箱を拾う…2移動力

  [得点とレベルアップ]
  宝箱の罠を解除成功…50点
  宝箱の罠を解除失敗…25点
  モンスターを倒す(止めを刺す)…そのモンスターの評価点
  その他…イベント表を参照

  PLは自分の得点を記録して置く、得点が50点毎に1体のヒーローのレベルアップが可能
  (得点は加算しつづけること)


3.勝敗と得点計算
  [勝敗]
  PL側のヒーローがひとりでも宝箱を持って階段から脱出するとPL側の勝利、
  そうでなければDM側の勝利

  [得点計算]
  PL側の得点計算
   自分の得た経験点合計と、持ち帰った宝箱のGoldの金額の1/20を得点とする
  DM側の得点計算
   DMが倒したヒーローのその時点での評価点の合計がDMの得点となる
   また、DM側が勝利した場合は追加して50点を得る

  [順位計算]
  4ゲーム実施して全得点を合計し、最も得点の高いPLが優勝者、次点が準優勝者となる
by reias | 2005-10-22 12:30 | 駒ゲ定例会関連(MK等)
<< FF11:ハロウィン FF11:黒上げ! >>